■資格があれば大丈夫?!

先でも述べましたが、留学をする人達は毎年本当に沢山います。また、長短合わせれば本当にすごい数の人々が海外へ足を運んでいるわけで、帰国後、どんなことをやってきたかを形で表せるのは強みの1つになるのは確かです。企業の人事も「留学をしてました」と聞いても、英語でインタビューするわけにもいかず、いったいこの人は一般的に見てどの位の語学力を持っているのかを知る際に、語学系の資格が一躍かってくれるわけです。別章にも登場しましたが、英語で言えばTOEICなどは広く受け入れられていますし、他言語であっても中国語検定であったり、フランス語検定であったり、少なくともそれらの資格は古くから日本にもありますので、そこで実力を発揮させ、形として表すことも良策です。留学経験者の多くは少しでも外の世界と触れたいという気持ちも強いですので、外資系企業への就職を望む人も多いと思います。こういう事前準備は留学中の時間のある時にしておくと良いでしょう。帰国して、いざ就職活動を始めてからではバタバタとしてしまい、なかなか落ち着いて勉強をするのも困難です。さらには語学力はやはり現地にいる時の方が高いですので、自身のピークを形として残すことも得策です。資格によってはこのように日本でも評価の高いものから、取ったのは良いけれど、あくまで参考程度にしか評価をしてもらえないものも正直なところあります。英語圏に留学される女性層に人気の高い、「児童英語教育教授法」の資格は比較的簡単に取れる資格の1つですが、各学校によってプログラムが作成されるため、国の既定等がないこともあり、そのレベルにバラ付きがあります。そのため、この資格を取って、これを見せれば効果絶大というわけではなく、あくまでそういう教授法を学んだという証拠であって、実際この資格を取り、英語学校などへの就職を希望される場合でも、面接で抜き打ち模擬レッスンをして下さいなどの要望が入ります。そこで試されるのはその資格がどれだけ生かされているかや、アドリブであってもどれだけレッスンをうまくこなせるかなどの対応力を企業側はみているわけです。このように、資格と取るときは事前にその資格が日本ではどういう評価をされているのか、しっかりと知った上で取ることも大切になってきます。

この「ホームヘルパーのお仕事」がホームヘルパーについて学ぶには便利

世界でNo.1の生産シェアを誇る中国の家電メーカー
Haier

リラクゼーションのお仕事について
リラクゼーションを仕事にしよう